女性の離婚

よくある相談

離婚後の生活が不安で、なかなか決断が付かない
慰謝料をできるだけ多く請求したい
財産がもらえないなら離婚はしたくない、どの程度の見込みがあるのか
子どもがいるので生活は続けるにしても、離婚手続きだけは進めたい
思っていたより財産が少ない、相手方が隠しているのではないか

当事務所の方針

例えば、別居はしたくないけど離婚を進めたい場合、裁判官に判断をゆだねると「合理性に欠く」とされてしまうでしょう。
しかし調停では、聞き入れてもらえることがあるのです。
このように、望む結果に応じた最適なアドバイスを得られるのが、弁護士に依頼する最大のメリットです。

また、法的な解決に頼らず、双方からの歩み寄りを調整するのも、人間である弁護士の役割といえるでしょう。
特に離婚の場合では、安定した生活を送れるかどうかの見極めが大切になってきます。
結果にとらわれず、現実的な着地点を、一緒に模索していきましょう。

弱い女性の立場を守ります(浮気やDVにお悩みの方)

浮気の問題でカギとなるのは証拠集めです。
調査会社に頼らなくとも、メールや日ごろの態度、外泊した事実などの状況証拠から確定できることがあります。
詳しい作戦をご提示しますので、遠慮なくご相談下さい。

暴力の問題は一般的に、離婚を確定してから、慰謝料請求などへ進むことが多いようです。
離婚前の場合は相手方への警告から着手いたしますが、緊急性を要するときには避難場所を確保します。
いずれにしても、泣き寝入りをせず、はっきりとした態度を示すことが必要です。

女性の離婚における注意点

離婚は、結婚より数倍のパワーを使います。
そのエネルギーを費やした結果、得られるものが見合えば、検討する価値があるといえるでしょう。
離婚後の生活や貯金の蓄えも踏まえた上で、冷静な判断を下すようにして下さい。

離婚コラム 離婚に関するQ&A 離婚の解決事例 横山法律事務所 OFFICIAL SITE